有田焼の新ブランド「2016/」の2016/ Shigeki Fujishiro Mugです。
2016年に有田焼の誕生から400年を記念して、世界中から16組のデザイナーを集め、新ブランド「2016/」が生まれました。
マグのデザインは藤城成貴氏。インテリアプロダクト、家具、展示インスタレーションなどを数多く手がけています。





磁器と聞くと、艶やかで真っ白な素地を思い浮かべる方も多いかもしれません。白い素地の上に絵が描かれている色絵のうつわは、有田焼の伝統でもあります。
デザイナーの藤城氏はこの有田焼の伝統の「赤絵」に注目しました。有田焼のなかで上絵付けのことを赤絵と呼び、昔から赤は特別な色として使われてきたのです。そこで、赤を中心としたデザインを行いました。



このマグの大きな特徴は非常に柔らかでマットな質感です。色は、鮮やかな“温かみのある赤”という印象を受けます。持ってみるとさらっとしていて、食器の冷たさを感じません。赤と同じように白・グレーもマットな質感で、そして色味はどことなく日本の古くからある色に近く、落ち着きがあります。
どのカラーも美しいので、家族で色違いのマグを揃えるのも良さそうです。



形は、黄金比と言えるほど美しい円柱のカップに、三角形の持ち手が付いています。非常にシンプルで現代的、東洋の食卓、西洋の食卓にも合う形です。指に余計な力を入れなくても持ち上げられるのは、おそらくこの三角形の角度のためでしょう。
機能的な美しさが込められています。





お手入れは、普段使いの食器と同じようにスポンジと食器洗い用洗剤をお使いください。現代のライフスタイルを考え、食洗機・電子レンジの使用も可能です。また、濃い色の飲み物は、飲み終わったらすぐに洗うことで茶渋等の着色を防ぐことができます。磁器なので使い始めの「目止め」を行う必要はありません。



「2016/」の商品は、1点1点専用の箱に入った状態でお届けします。薄い段ボールの箱は商品にぴったりのサイズで作られており、輸送時の破損ができるだけないように設計されています。箱そのものもスタイリッシュなデザインなので、プレゼントとして贈る場合にも安心です。






有田焼の新しい伝統となっていくブランド「2016/」。有田焼に携わる人々の技術の粋を集め、デザイナーの考え抜いた設計を実現しています。
ぜひ手にとって、使っていただきたいうつわです。

デザイナー


藤城成貴 Shigeki Fujishiro
1974 年東京生まれ。大学で経済学部を学んだ後、桑沢デザイン研究所でデザインを学ぶ。1998 年より家具メーカーでIDEE に入社し、定番商品及び特注家具のデザインを担当。2005 年に退社し、自身のスタジオshigeki fujishiro design を設立。インテリアプロダクト、家具、展示インスタレーションなど幅広く活動する。株式会社サイトーウッドのディレクションを手がけるなど、ブランドのディレクションも行う。HAY、エルメスやアディダスとのコラボレーションなども行い、国際的な注目を集めている。アイデアや機能を伝えるためのシンプルでスマート、普遍性を持ったデザインを手がけている。

「2016/」について
1616年。九州の北西部に位置する有田の山の中で偶然発見された陶石の欠片は、人々の知恵と努力によって美しい陶磁器に姿を変え、400年もの間、世界中の人々を魅了してきました。歴史や時代に翻弄されながらも、有田の人達は探求を繰り返し、色あせる事のないものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。2016年。400年という節目の年に、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと共に、新たな陶磁器ブランド「2016/」が誕生しました。

「2016/」はクリエイティブディレクターである柳原照弘とショルテンアンドバーイングスが手がける「エディション」と、15組のデザイナーが手がける「スタンダード」の2つのシリーズがあります。多様な文化背景を持つデザイナー達が有田焼を再解釈し、有田の技術を結集して、世界の日常に寄り添う新たなスタンダードを生み出しました。

2016/ Shigeki Fujishiro Mug
NNA932944

3,600円(税込3,888円)

購入数

有田焼の新ブランド「2016/」の2016/ Shigeki Fujishiro Mugです。
2016年に有田焼の誕生から400年を記念して、世界中から16組のデザイナーを集め、新ブランド「2016/」が生まれました。
マグのデザインは藤城成貴氏。インテリアプロダクト、家具、展示インスタレーションなどを数多く手がけています。





磁器と聞くと、艶やかで真っ白な素地を思い浮かべる方も多いかもしれません。白い素地の上に絵が描かれている色絵のうつわは、有田焼の伝統でもあります。
デザイナーの藤城氏はこの有田焼の伝統の「赤絵」に注目しました。有田焼のなかで上絵付けのことを赤絵と呼び、昔から赤は特別な色として使われてきたのです。そこで、赤を中心としたデザインを行いました。



このマグの大きな特徴は非常に柔らかでマットな質感です。色は、鮮やかな“温かみのある赤”という印象を受けます。持ってみるとさらっとしていて、食器の冷たさを感じません。赤と同じように白・グレーもマットな質感で、そして色味はどことなく日本の古くからある色に近く、落ち着きがあります。
どのカラーも美しいので、家族で色違いのマグを揃えるのも良さそうです。



形は、黄金比と言えるほど美しい円柱のカップに、三角形の持ち手が付いています。非常にシンプルで現代的、東洋の食卓、西洋の食卓にも合う形です。指に余計な力を入れなくても持ち上げられるのは、おそらくこの三角形の角度のためでしょう。
機能的な美しさが込められています。





お手入れは、普段使いの食器と同じようにスポンジと食器洗い用洗剤をお使いください。現代のライフスタイルを考え、食洗機・電子レンジの使用も可能です。また、濃い色の飲み物は、飲み終わったらすぐに洗うことで茶渋等の着色を防ぐことができます。磁器なので使い始めの「目止め」を行う必要はありません。



「2016/」の商品は、1点1点専用の箱に入った状態でお届けします。薄い段ボールの箱は商品にぴったりのサイズで作られており、輸送時の破損ができるだけないように設計されています。箱そのものもスタイリッシュなデザインなので、プレゼントとして贈る場合にも安心です。






有田焼の新しい伝統となっていくブランド「2016/」。有田焼に携わる人々の技術の粋を集め、デザイナーの考え抜いた設計を実現しています。
ぜひ手にとって、使っていただきたいうつわです。

デザイナー


藤城成貴 Shigeki Fujishiro
1974 年東京生まれ。大学で経済学部を学んだ後、桑沢デザイン研究所でデザインを学ぶ。1998 年より家具メーカーでIDEE に入社し、定番商品及び特注家具のデザインを担当。2005 年に退社し、自身のスタジオshigeki fujishiro design を設立。インテリアプロダクト、家具、展示インスタレーションなど幅広く活動する。株式会社サイトーウッドのディレクションを手がけるなど、ブランドのディレクションも行う。HAY、エルメスやアディダスとのコラボレーションなども行い、国際的な注目を集めている。アイデアや機能を伝えるためのシンプルでスマート、普遍性を持ったデザインを手がけている。

「2016/」について
1616年。九州の北西部に位置する有田の山の中で偶然発見された陶石の欠片は、人々の知恵と努力によって美しい陶磁器に姿を変え、400年もの間、世界中の人々を魅了してきました。歴史や時代に翻弄されながらも、有田の人達は探求を繰り返し、色あせる事のないものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。2016年。400年という節目の年に、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと共に、新たな陶磁器ブランド「2016/」が誕生しました。

「2016/」はクリエイティブディレクターである柳原照弘とショルテンアンドバーイングスが手がける「エディション」と、15組のデザイナーが手がける「スタンダード」の2つのシリーズがあります。多様な文化背景を持つデザイナー達が有田焼を再解釈し、有田の技術を結集して、世界の日常に寄り添う新たなスタンダードを生み出しました。