コーヒーのうつわ -Hiromu Nagato-

「コーヒーのうつわ」について

iloiloが作家やクリエイターと共同で商品を創造する『&iloilo(アンド イロイロ)』プロジェクトの第一弾作品が、「コーヒーのうつわ Hiromu Nagato」です。
コラボレーション作家は陶芸家の長戸裕夢さん。約270年前に北川毛窯から始まったとされる砥部焼(とべやき)の産地で、四代続く陶芸一家に生まれ、現在も家族と共に作陶をしています。砥部焼は地元で採取される粗面岩質安山岩の陶石を原材料にした磁器が特徴。長戸さんは伝統的な磁器制作の仕事を行いながら、陶器の作品も制作しています。自ら材料の土を採掘したり、地元の柑橘木の灰を使った釉薬を試すなど、オリジナリティに富んだうつわに挑戦し続けています。

今回、私たちがテーマにしたのは、コーヒーを飲むためのうつわです。
最初に想像したのは、一年が終わる大晦日の午後。年越しの準備を終えて、家族と一緒にほっと一息コーヒーを淹れる時間のこと。一年を振り返りながら大事な人と過ごす時、どんなうつわでコーヒーを飲んだら美味しいだろう?そんな話を長戸さんと交わして、アイデアを膨らませていただきました。

かたちについて

普段、仕事の休憩では、コーヒーよりも抹茶を好んで嗜むという長戸さん。抹茶が好きな理由は「手を止めてゆっくりとする時間」だと言います。
「抹茶は両手でうつわを持って、ゆっくりいただくものです。コーヒーは文字通り“片手間”に飲む印象がありました。だから今回は、コーヒーを時間を作って飲むことを意識して、両手で持つうつわにしようと思いました。」(長戸さん)

コーヒーのうつわは、大人の両手にちょうど収まるサイズ。持ってみると、うつわのまあるい形が手によく馴染みます。歪みのある形は、太古の人々が使っていた“土器”からインスピレーションを受けているため。長戸さんが以前制作された土器をテーマにしたシリーズと同じ型を使い、粘土を型に押し当てて手の感覚で厚さを測って成形をしています。そのため、ひとつとして同じ形のうつわはありません。手に持った時、口をつけた瞬間に、うつわの“表情”を感じられるのも大きな特徴です。

色合いについて

コーヒーのうつわ Hiromu Nagato 鉄絵碗(てつえわん)は、同じ材料を用いて制作されています。
土は、長戸さんが地元・砥部町で採掘を行ったもの。町のいくつかのポイントで数種類の土を採掘しており、このうつわは、江戸時代に北川毛窯でよく使われていたとされる薄茶の土を使っています。文様は、無作為に描かれた“点”。これも長年興味を持ち続けている、日本や中国、アフリカなど幅広い地域の土器から多くのインスピレーションを受けて取り入れたもの。
釉薬は、掘ってきた土やみかんの木の灰を混ぜた青磁釉です。表面はガラス質で覆われていますが、釉薬と土が相まって失透しています。やや黄色味を帯びて、貫入の入ったうつわです。

長戸さんの窯入れは、朝9時から翌日の午前2時頃までかけて行い、温度計や熱量を見て火を止めるタイミングを決めます。「窯出しの瞬間が一番楽しい」と語ります。
うつわの色、質感は窯出しのときに初めて見ることができるのです。

お手入れについて

使うごとにうつわの色が変化します。変化の度合いも1点1点異なります。これは素地や釉薬の間に水分や色素が入っていくためですが、「あまり神経質にならずに、変化を楽しんで、うつわを育ててもらいたい」というのも長戸さんのメッセージです。

・コーヒーの色素によってうつわの色が変化します。色の変化をできるだけ避けたい場合は、コーヒーを淹れるまえに数分間、うつわを水に浸してからお使いください。
また、飲み終えたらすぐに早く洗ってください。すぐに洗った場合でも、うつわの色が変化する可能性があります。
・お手入れは、通常の食器と同じようにスポンジと食器洗い洗剤をお使いください。
・電子レンジでのご使用は、陶器に含まれる水分と温度の変化が激しいため、破損につながる可能性があります。
・食洗機は、洗浄物同士がぶつかり、破損する可能性があるため、おすすめしておりません。

新しい日常を形づくる

「自分の想像以外のものからインスパイアされるのは、新しいチャレンジだと思いました。」と、制作について話してくれた長戸さん。砥部周辺で最も古いとされる270年前の北川毛窯の陶片をもとに、古砥部の技法の再現に挑戦するなど、まだまだ陶磁器の可能性を追求し続けています。
今回のコラボレーションでは、現代の私たちの生活にとても身近な存在である「コーヒー」をテーマにしました。コーヒーを美味しくいただく、コーヒーを飲む時間を少しだけ緩やかにする、温度や香りを楽しむ。日常のなかで、うつわと一緒に新しいスタイルを作り上げていただきたいと考えています。
& iloiloと長戸さんの提案する「コーヒーのうつわ」を、お手元でお楽しみいただければ幸いです。

作家紹介

長戸 裕夢 Hiromu Nagato
京都府立陶工高等技術専門校、京都市工業試験場を修了後、愛媛の磁器産地、砥部にて作陶。家業の磁器制作と並行して、自ら掘り出した土を使い、真黒く炭化させた?器シリーズや蜜柑の木の灰を用いた釉薬を使い、土味豊かな作品群を制作。

&iloiloについて
& iloilo(アンド イロイロ)は、iloiloが作家やクリエイターと共同で商品を創造するプロジェクトです。詳しくは& iloiloについてをご覧ください。

コーヒーのうつわ -Hiromu Nagato-

「コーヒーのうつわ」について

iloiloが作家やクリエイターと共同で商品を創造する『&iloilo(アンド イロイロ)』プロジェクトの第一弾作品が、「コーヒーのうつわ Hiromu Nagato」です。
コラボレーション作家は陶芸家の長戸裕夢さん。約270年前に北川毛窯から始まったとされる砥部焼(とべやき)の産地で、四代続く陶芸一家に生まれ、現在も家族と共に作陶をしています。砥部焼は地元で採取される粗面岩質安山岩の陶石を原材料にした磁器が特徴。長戸さんは伝統的な磁器制作の仕事を行いながら、陶器の作品も制作しています。自ら材料の土を採掘したり、地元の柑橘木の灰を使った釉薬を試すなど、オリジナリティに富んだうつわに挑戦し続けています。

今回、私たちがテーマにしたのは、コーヒーを飲むためのうつわです。
最初に想像したのは、一年が終わる大晦日の午後。年越しの準備を終えて、家族と一緒にほっと一息コーヒーを淹れる時間のこと。一年を振り返りながら大事な人と過ごす時、どんなうつわでコーヒーを飲んだら美味しいだろう?そんな話を長戸さんと交わして、アイデアを膨らませていただきました。

かたちについて

普段、仕事の休憩では、コーヒーよりも抹茶を好んで嗜むという長戸さん。抹茶が好きな理由は「手を止めてゆっくりとする時間」だと言います。
「抹茶は両手でうつわを持って、ゆっくりいただくものです。コーヒーは文字通り“片手間”に飲む印象がありました。だから今回は、コーヒーを時間を作って飲むことを意識して、両手で持つうつわにしようと思いました。」(長戸さん)

コーヒーのうつわは、大人の両手にちょうど収まるサイズ。持ってみると、うつわのまあるい形が手によく馴染みます。歪みのある形は、太古の人々が使っていた“土器”からインスピレーションを受けているため。長戸さんが以前制作された土器をテーマにしたシリーズと同じ型を使い、粘土を型に押し当てて手の感覚で厚さを測って成形をしています。そのため、ひとつとして同じ形のうつわはありません。手に持った時、口をつけた瞬間に、うつわの“表情”を感じられるのも大きな特徴です。

色合いについて

コーヒーのうつわ Hiromu Nagato 鉄絵碗(てつえわん)は、同じ材料を用いて制作されています。
土は、長戸さんが地元・砥部町で採掘を行ったもの。町のいくつかのポイントで数種類の土を採掘しており、このうつわは、江戸時代に北川毛窯でよく使われていたとされる薄茶の土を使っています。文様は、無作為に描かれた“点”。これも長年興味を持ち続けている、日本や中国、アフリカなど幅広い地域の土器から多くのインスピレーションを受けて取り入れたもの。
釉薬は、掘ってきた土やみかんの木の灰を混ぜた青磁釉です。表面はガラス質で覆われていますが、釉薬と土が相まって失透しています。やや黄色味を帯びて、貫入の入ったうつわです。

長戸さんの窯入れは、朝9時から翌日の午前2時頃までかけて行い、温度計や熱量を見て火を止めるタイミングを決めます。「窯出しの瞬間が一番楽しい」と語ります。
うつわの色、質感は窯出しのときに初めて見ることができるのです。

お手入れについて

使うごとにうつわの色が変化します。変化の度合いも1点1点異なります。これは素地や釉薬の間に水分や色素が入っていくためですが、「あまり神経質にならずに、変化を楽しんで、うつわを育ててもらいたい」というのも長戸さんのメッセージです。

・コーヒーの色素によってうつわの色が変化します。色の変化をできるだけ避けたい場合は、コーヒーを淹れるまえに数分間、うつわを水に浸してからお使いください。
また、飲み終えたらすぐに早く洗ってください。すぐに洗った場合でも、うつわの色が変化する可能性があります。
・お手入れは、通常の食器と同じようにスポンジと食器洗い洗剤をお使いください。
・電子レンジでのご使用は、陶器に含まれる水分と温度の変化が激しいため、破損につながる可能性があります。
・食洗機は、洗浄物同士がぶつかり、破損する可能性があるため、おすすめしておりません。

新しい日常を形づくる

「自分の想像以外のものからインスパイアされるのは、新しいチャレンジだと思いました。」と、制作について話してくれた長戸さん。砥部周辺で最も古いとされる270年前の北川毛窯の陶片をもとに、古砥部の技法の再現に挑戦するなど、まだまだ陶磁器の可能性を追求し続けています。
今回のコラボレーションでは、現代の私たちの生活にとても身近な存在である「コーヒー」をテーマにしました。コーヒーを美味しくいただく、コーヒーを飲む時間を少しだけ緩やかにする、温度や香りを楽しむ。日常のなかで、うつわと一緒に新しいスタイルを作り上げていただきたいと考えています。
& iloiloと長戸さんの提案する「コーヒーのうつわ」を、お手元でお楽しみいただければ幸いです。

作家紹介

長戸 裕夢 Hiromu Nagato
京都府立陶工高等技術専門校、京都市工業試験場を修了後、愛媛の磁器産地、砥部にて作陶。家業の磁器制作と並行して、自ら掘り出した土を使い、真黒く炭化させた?器シリーズや蜜柑の木の灰を用いた釉薬を使い、土味豊かな作品群を制作。

&iloiloについて
& iloilo(アンド イロイロ)は、iloiloが作家やクリエイターと共同で商品を創造するプロジェクトです。詳しくは& iloiloについてをご覧ください。