& iloiloについて

& iloilo(アンド イロイロ)は、iloiloが作家やクリエイターと共同で商品を創造するプロジェクトです。
暮らしの道具は必要に応じて生まれてきました。そして、私たちが必要とするものは時代ごとに変化します。
国内外で活動する作り手と共に、今この時代に必要なものについて考え、新しい商品を作り出していきます。
私たち自身が、作り手と共に暮らしを形づくる。
& iloilo PROJECTを始動します。

& iloilo PROJECT 第一弾決定:陶芸家 長戸裕夢 コラボレーション作品「コーヒーのうつわ」予約販売開始記念イベント

コーヒーは片手で飲むものか、両手で飲んだっていいじゃないか。
温かさ、柔らかさ、苦味、渋み、その全てを包み込むような“うつわ”で、たいせつな人と、宝物のような時間を過ごしてほしい。そんな想いで創りました。

コラボレーション作家は陶芸家の長戸裕夢さん。約270年前に北川毛窯から始まったとされる砥部焼(とべやき)の産地で四代続く陶芸一家に生まれ、現在も家族と共に作陶をしています。砥部焼は地元で採取される粗面岩質安山岩の陶石を原材料にした磁器が特徴。長戸さんは伝統的な磁器制作の仕事を行いながら、陶器の作品も制作しています。自ら材料の土を採掘したり、地元の柑橘木の灰を使った釉薬を試すなど、オリジナリティに富んだうつわに挑戦し続けています。

今回、私たちがテーマにしたのは、コーヒーを飲むためのうつわです。最初に想像したのは、一年が終わる大晦日の午後。年越しの準備を終えて、家族と一緒にほっと一息コーヒーを淹れる時間のこと。一年を振り返りながら大事な人と過ごす時、どんなうつわでコーヒーを飲んだら美味しいだろう?そんな話を長戸さんと交わして、アイデアを膨らませていただきました。

そうして生まれたのが、両手で持つ、まあるいうつわ。見た目の優しい印象は、手に取ることで確信に変わりました。よく手になじむ、心地の良い形です。両手で持つことで、温度と香りもよく感じられます。すこしだけ時間を緩やかにする、ただコーヒーを飲む、そのひと時を楽しむためのうつわ。& iloiloと長戸さんの、新しい提案です。

作家紹介
長戸 裕夢 Hiromu Nagato

京都府立陶工高等技術専門校、京都市工業試験場を修了後、愛媛の磁器産地、砥部にて作陶。
家業の磁器制作と並行して、自ら掘り出した土を使い、真黒く炭化させた?器シリーズや蜜柑の木の灰を用いた釉薬を使い、土味豊かな作品群を制作。

https://www.instagram.com/nagatohiromu/